トピックス>CPUの種類や選び方


CPUの種類や選び方

CPUの種類や選び方

パソコン選びをする時、どんな基準で選んでいますか?
「分からないからとりあえず安いものを・・・」、 逆に「分からないからとりあえず高いものを・・・」 「店員さんのおすすめのままに」なんてことになってないでしょうか?
CPU、メモリ、HDD、ドライブetc.・・・パソコンには部品ごとに色々なスペックの組み合わせがあり、初めて買う人にとっては非常に複雑に見えてしまうと思います。 今回はパソコンの性能を決める上で非常に重要なパーツ「CPU」に注目して、できるだけ簡単に欲しいパソコンを選定する方法を説明していきます。

CPUとは

CPUのイメージ

CPU(シーピーユー)はCentral Processing Unitの略で、「中央演算処理装置」と訳されています。CPUはよくパソコンの「頭脳」であると例えられます。
詳しい説明は省きますが、パソコンの動作には全てCPUが関係するので、CPUの性能が高くなればなるほどパソコンの性能は全体的に上がるといってもよいでしょう。
つまりCPUをきちんと選べば、おおよそ希望の性能は手に入るということです。

CPUの種類について

CPUにはたくさんの種類があります。
今回はその中でもメーカー製のパソコンに多く使用されているIntel社製のCPUに絞って説明します。 IntelのCPUは大きく分けて5つのブランドがあります。 Celeron、Core i3、Core i5、Core i7、Core i9の5つです。

CPUの性能と価格

左から右にいくほど性能は高くなりますが、その分高額になります。 では各CPUで何ができるのか、順に説明していきます。

Celeron

CeleronCPU

レポート、年賀状、自治会の資料などの書類作成だけならこれで十分。 インターネットショッピング、動画視聴も大丈夫
起動には少し時間がかかるが、単一の作業をするなら問題はない。 リモートワークでも書類作成なら問題なし。ビデオ通話しながらだと少し辛いかも 少しでも安い方がいい、という人におすすめ

Core i3

Core i3 CPU

Celeronよりもそれぞれの起動、処理などが速くなります。(起動に約21秒ぐらい) 各種書類作成も他の処理をしながら進めることも可能。
インターネットでのショッピング、動画視聴も問題なし。 初めて買うパソコンで何を買っていいか分からない、と迷っている人はこれを買っておくと失敗が少ない。 1台目で「もっと〇〇したい」「動作が遅い」と感じる人はそこからi5やi7に移行をオススメします。

Core i5

Core i5 CPU

コア数が増え、i3より更に同時処理が得意で動画を流しながらネットサーフィンも楽々こなせるCPUとなります。
お子さんの入学祝いや卒業祝いのプレゼントとして贈ると喜ばれるかも 大学入学時に贈れば各種レポートの作成からオンライン授業、休み中の動画視聴やビデオ通話まで活躍できる

Core i7 Core i9

Core i7 i9 CPU

最上位モデルなので、一番いいやつが欲しい人はこのグレードのCPUをチョイス。
3つ、4つ・・・とウィンドウを開いて仕事をする人や 起動の少しの待ち時間も短縮したい!という人におススメです。

やりたいことから選ぶ

基本的に下位に出来て上位に出来ないということはない。 自分のやりたいことに合わせて、必要ないと感じるならば下位を選ぶといいと思います。

毎日パソコンに触っている人が、あくまで感覚的にこれぐらい、と感じるおすすめCPUをチョイスしました。

CPU比較

まとめ

どうでしょう、ご自分に適したCPUはイメージ出来ましたか?
まだよく分からない!という方には当店おすすめの「おまふる」はいかがでしょう。 CPU別に当店スタッフが厳選したパソコンをフルセットでお届けいたします。
特にレポートや年賀状、自治会の書類作成に必須のプリンターは新品でお届けいたします。 接続してからの設定など面倒なことは事前にこちらで全て済ませていますので、到着したらつないですぐに印刷可能です

トップへ